日本甲冑制作アドバイス協会について

日本の甲冑は、金工・鍛鉄・漆工・染織など広範囲の技術の集成であり、当時の最高水準の技術をもって作り上げられました。
本会はそれらの甲冑を中心に、裁付袴・陣羽織・旗幟・指揮具など武具全般の研究及び、甲冑を愛好し、制作する会員への情報提供と技術支援を行います。
国内はもとより、ジャパンエキスポや交流事業を通して、海外でも認知されています。
アルミニウムを主とした甲冑制作キット「アルモデル(AMK)」を開発し、誰でも手軽に本格的な甲冑制作が体験できるようになり、アルモデル(AMK)甲冑師の認定も行っています。

トップへ戻る

ページのトップへ戻る
Copyright © 2014- 日本甲冑制作アドバイス協会 All Rights Reserved.